豪腕脱力備忘録

140文字で収まらないことを思いつきで綴ってみる場所

椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄のその後

すっかり放置していたら90日以上更新していないとかで広告が出るようになっちゃいました。いやいや、有料プランの会員なんだからそれくらい許してよw

さて、椎間板ヘルニア(脊柱管狭窄)で入院して、手術して、退院してから3ヶ月経ちました。早いものですね。今の症状というか状況ですが、結論からいえばめちゃくちゃ調子が良いです。

本当は退院して、その直後に「ほら、こんなに調子がよくなりました」的な感じで更新したかったのですが、退院直後はそこまででもなかったです。歩いて20分とか経つと、脚の膝から下がジンジンしてきて、改善されていなくて、ショックというか「おいおいふざけんな」みたいな気持ちでした。

その後の経過観察で病院の先生に痛みが続いていることを伝えたら、気さくな先生だったので「半年以上も神経を圧迫していたのに手術して即痛みがゼロになるわけないやん。神経も回復させる時間が要るよ」と言われてそうかと納得しました。

そこで「痛みがなくなる目安は3ヶ月」と言われたので、気の遠くなる思いもありつつ、まあ3ヶ月なんか筋トレ再開したらあっちゅう間かなとも。

筋トレは8月中旬から再開しました。背中と脚のトレーニングは恐る恐るやってて、40kgのバーベルを担いでスクワットをやろうとしたら、腰骨が砕けるんじゃないかというくらいに弱っていることに泣きそうでしたw

だいたい自分の場合は痛みが弱まったことを自覚したのは9月中旬あたり、つまり2ヶ月経過したころでしょうかね。目安の3ヶ月よりもちょっと早いかな。このあたりになると、痛みを感じることが週に1~2回ある程度、しかもその痛みも弱いです。手術前の痛みを10だとしたら1あるかないかくらい。

ちなみに筋トレは8月中旬再開で、しばらく週2~3で恐る恐るぼちぼち様子見しつつ、違和感がなくなった頃から週4~5ペースでがっつりやってます。ただ、背中種目は細心の注意でフォームを丁寧に、無理のない重量設定でやってます。

 ヘルニアの手術をした人の経験談などを見ても、手術後も痛みに悩まされている方が多いことからすると、自分はだいぶ運がよかったのかもしれません。だからあんまり参考にはならないかもですね。

また進展があれば投稿してみます。久々に長いの書いてしまった。