豪腕脱力備忘録

140文字で収まらないことを思いつきで綴ってみる場所

ゆかるん久々の舞台出演

推しアイドルのAKB48チームBメンバーでもある佐々木優佳里さん(以下ゆかるん)が4月に東京で上演される舞台「明日は捲る」に出演決定!ゆかるん久々の舞台出演!

もちろん観に行きます。東京?全然問題ないです。新型コロナ?気をつけて行動します。そらそうよ。

昨年10月以来、久々の東京遠征なので舞台鑑賞ついでに東京のゴールドジムでトレーニングして、どこかのサウナにお泊まりします。アイドル、筋トレ、サウナの3つの趣味を楽しんできます。

 

去年の緊急事態宣言と比べたら

そういえば去年の4~5月の緊急事態宣言の期間は、ジムが休館、サウナも休館、新日本プロレスは興行中止で、何一つ楽しみがなくなって、とんでもなくストレスの溜まる期間だった。正直仕事もだるくて仕方なかった。

今回は多少の制限はあるものの、ジムは開いてるからトレーニングができて、サウナも営業していて、新日本プロレスも興行をやってくれている。おかげでほぼ何のストレスもなく生活を送れている。

当たり前だけど、余暇の過ごし方が仕事のパフォーマンスに与える影響って思ったよりも大きいことに気づいた。もちろん十分に注意しつつ、楽しむことは楽しまないとダメになってしまう。自粛イズベストではない。不要不急なんてない。これでいいんだ。

右に倣えの精神がどうも苦手

年末の大規模な音楽フェスが中止になったようで、朝その主催のFMラジオ局の番組を聴いていると、中止に関して、「新型コロナウイルスの感染拡大状況と、医療に従事する皆様へ配慮して」というコメント。

おそらく公式リリースではなく、そのDJさん個人のコメントだとは思うけど、医療に従事する皆様への配慮って何なんだろう。嫌な言い方すれば「空気を読んで」ってことかな。

例えば来場者全員が一切マスクしない、自由に大声で騒ぐのを公認、黙認する音楽フェスならば中止にすることで未然に防ぐことはできるかもしれないけど、独自で感染対策を考えたイベントなら自信を持ってやればいいのになぁ。

自分たちで「私たちのエンタメ業界は不要不急な業界なんです」と認めてるようで残念。

このまま潰れて消えてしまっても悔いは残らないのだろうか。延期を模索とあるけど、さらにコストかけて、でもイベント収入は減ってだとやらないほうがマシになるのでは。

そうなると気になるのは大晦日さいたまスーパーアリーナでのRIZINや、年明けの1.4と1.5の新日の東京ドーム大会。音楽フェスが自主的に中止にするのはいいとして、何となく流れで空気を読まされて中止に追い込まれないか心配。

感染拡大はもちろん気にはなるけど、だからといってイベント自体を悪とするのはどうなのやら。「それはそれ。これはこれ。」だと思うのだが。右に倣えがスタンダードなのかしら。

またですか

また大阪府で不要不急の外出自粛要請ですか。3月や4月頃の未知なる殺人ウイルスみたいな扱いだったころならまだしも、今さらそこまで過剰防衛しなきゃいけない意味がねぇ…。

病院が重症患者で…って院内感染やら高齢者施設の感染が原因で急増しているなら、そこを重点的にやることにリソースを注げばいいのに、敢えて飲食店やら一般市民まで自粛させて重症患者が減ることにつながればいいけどね。

とりあえず僕は不要不急の行動なんてないからいつもどおりに過ごすよ。傍から見りゃジムもサウナも不要不急かもしれんけど、僕にとっては必要だから。不要不急って勝手に決めつけるのはアカンよ。

どうにかなった趣味とどうにもならなさそうな趣味

5月ごろに「このままいけば僕の趣味の筋トレ、サウナ、プロレス観戦、アイドルのすべてがなくなってしまうかもしれない」なんてことを割と真剣に恐れて書いていました。いや、あの時の世の中の異常な自粛ムードは相当だったもん。

まあ、幸いにして6月から(若干新しい制約がついたものの)ジムでのトレーニング、サウナ、プロレス観戦はできるようになりました。特に一番不安視していたプロレス観戦は本当に新日本プロレスが頑張ってくれています。なんだかんだで7月からすでに4大会の現地観戦行きましたからね。

で、そういう意味で一番進展が鈍いのがアイドル。本当にまずい事になっている気がします。一番の広報活動である「会う」ことができないのだからどうしようもない。劇場公演は入場者を半分に、そしてなぜか出演者も半分に。これちょっと意味不明なんですけどねw

以前と同じようなことができる兆しは全く無い。かといって、代替案として生み出されたオンラインイベント、これが正直イマイチ。そりゃそうでしょ、握手会の代替がオンラインだったらガッカリするのが普通。しょーもない社内会議なら顔を合わせずにすむオンラインがいいけど、会いたいのだから。

この状況は本当にまずいですね。僕の推しメンだったりお気に入りメンバーが今のままでいいと思うわけがないし、今のままで貴重なキャリア、時間を消化してしまうのはどう考えてもプラスにならない。だってコロナだもんで済む話じゃない。

今の流れがアイドルというかエンタメ業界自体にとって存続の危機に直面しているので、なんとかその場しのぎではない建設的な意味での握手会やイベントの代替案が出るようになればいいなと思っています。

そんな状況なので僕のお気に入りアイドルさんたちにはこの危機を乗り越えてほしいという思いよりは、この危機で将来を見つめ直して方向転換、軌道修正しても構わないから後悔のない選択をしてくださいねという思いだけです。去年の今頃こんなこと思うわけもなかったのにね。

オンラインイベント、発想自体は全然悪くはないけどもうちょいプラットホームがちゃんとしないときついよねー。

家トレなんかもうできるかいって話

仕事場とかいろいろなところで聞かれるトレーニングについての話で割と多いのが、家トレの継続の方法なんだけど、正直なところこれは一番回答に困る。なんせ、僕は家トレは基本的に推奨してないから。だって効率悪いもん。できることは知れてるし、

推奨してないというか、今年の4、5月のいわゆる緊急事態宣言の期間、ジムが休業していたけど、その間は家トレをやろう!って意気込んでたけど、実際のところ毎日せいぜい腕立て20回10セットや、スクワット50回5セット程度で飽きて、週2、3回しかやらなくなったクチ。ケトルベルも買ったけど使ってないなあ。

その点、ジムに行けば様々なマシン、バーベル、ダンベルがあって、いろいろな部位をいろいろな角度、負荷で鍛えることができるのだから、もちろん月会費という出費はあるものの、中途半端に家トレするくらいならジムに行ったほうがいいに決まってる。

それでも家トレに拘るなら頑張ってくださいとしか言いようがない。僕はもうやらないし、やりたくないw