豪腕脱力備忘録

140文字で収まらないことを思いつきで綴ってみる場所

入院しました!手術しました!生きてます!

なんかいきなりめちゃくちゃ話が進んでてスミマセン!

実は先週の15日に椎間板ヘルニア(脊柱管狭窄)の手術のために入院して、翌日の16日に手術を受けました。後は退院のみという状態です。

f:id:maru0821g:20200724200604j:image

入院の日に撮ったやつ。これ僕がアイドルだったら、ヲタクが血眼になって特定するんでしょうねw

その手術翌日からリハビリやら始まって、今日、抜糸まで終わったところです。今はコルセットこそガッチリ巻いていますが、普通にスイスイ歩いてます。ウソみたいに足の運びが軽いです。

なんでこんなに間が空いたかというと自分の性格上、もう大丈夫というところまでいってから、更新したいなと思いまして。読んでくれる方を無駄に不安にさせたくないといいますかね。

日々更新するのもよかったのですが、入院した日は手術のことでソコソコに緊張していましたし、手術後はいろいろと結構キツかったし(本当にw)、手術翌日は全然動けないし、そんな姿を伝えて不安を与えるのもなんか違うなと思いまして。

手術を終えて、割と順調に回復して、もう後は退院だけのところまで来たので、一気に話を進めさせてもらいました。密着ドキュメンタリーみたいなのを期待されてたらすみませんw

というわけで、入院期間はもちろんのこと、ここまでの経緯などもこれから随時更新していきます。需要があるかないかは知らん!こんなもん自己満足じゃい!

以上、生存報告も兼ねた簡易更新でした。

写真は入院中にあった謎の食事メニュー。ナポリタンスパゲッティ、サラダ、スープ、ご飯(小)。

f:id:maru0821g:20200724201607j:image

いや、コレご飯要る?w

予定通り来週手術します!

先月からの続きです。腰と脚の調子のよくなかった原因である脊柱管狭窄の手術を来週に控えて、今日は手術前の最終検査。ここでなんか問題があったら最悪の場合、手術が延期になるかもということでちょっとだけ不安でした。

検査は採血、採尿、レントゲン、エコー検査(で女性の検査技師さんに思った以上に密着されて焦った話はまた別途。やるかどうかわからんけどなw)、心電図、肺活量などなど盛りだくさん。

いや、正直エコー検査はだいぶびびった。思った以上に密着ってどのくらいかというと距離感的には似鳥沙也加さんとのツーショットチェキくらいに近かった。これで伝わってくれ。

maru0821g.hatenablog.com

maru0821g.hatenablog.com

 ぜーんぶ検査を終えて、最終の診察。結果的には問題なし。若干動揺して変な結果が出てないか不安だったエコー検査も問題なしw

ということで、当初の予定通り来週に手術をやることになりました。

いちおう誤解のないように言っておきますと、この手術は病気とかではなく、もともと身体の調子のよくなかったけどなんとなくそのまま様子見してたところが自然治癒しそうな見通しがなくなったので 、根本解決のために手術するという感じです。

なんか卒業発表したアイドルみたいな言い方だけど、これは前向きな手術です。今の状態からよくなるための手術です。まあ、前向きな卒業って、「それは君だけだろ」みたいなパターンもありますけどね。はい脱線。

で、来週の中頃に入院、翌日手術、その翌日からリハビリになる模様。特にアクシデントなどなければ一週間程度で退院だそうな。かれこれ17~18年前に盲腸で入院したときはめちゃくちゃ長かったけど、今回は短そう。

それにしても、来週中盤からおそらく月末頃までトレーニングができなくなるのがちょっと切ない。4月、5月が例の緊急事態宣言でジムが休業してトレーニングができなくなった期間は仕方ないとしても、今回はジムが開いてるのに行けないという。

どうせ入院したら思いっきり暇になるだろうから、入院中の日々はまとめて後でアップするよりもその日に書いてしまおうかなと考える。だいたい後でまとめてってやろうとすると絶対途中でテキトーになりそうだし。

さて、 次回はいよいよ入院編。手術前日。しかし、この後とんでもない修羅場が待ち受けていた!!(ガチンコ好きで申し訳無い)

快適すぎて笑った

めちゃくちゃどうでもいいことなんだけど、家で使ってるノートパソコンに外付けのモニター(23.8インチ)、ワイヤレスマウス、ワイヤレスキーボードを買って取り付けたら、家のパソコン環境が桁違いに使いやすくなってビビってる。

じゃあ最初からデスクトップ買えばよかったじゃないって話かもしれんけど、冬はコタツが本拠地になるから、デスクトップじゃなくてノートがいいわけなのよ。ささやかすぎるけど、これがきっかけで今よりも更新頻度が上がりそうな予感。

効果があるかは二の次みたいな感覚

会社の小さい会議室に行ったら、真ん中に透明の衝立が置いてあった。すべての会議室に導入するらしい。飛沫の拡散を恐れるくらいなら小さい会議室なんか無くして自席パソコンからのWeb会議にしてしまえばいいのに。

というか、大阪府の人口に対する感染者数から考えたら、敢えて今の時期にキャバクラや風俗に行く以外で、誰かから感染したとしたら本当に運が悪かったとしか言いようのない確率なのに、なんでそんなしょーもないことにお金をかけないといけないのだろうか。

誰のためにやってんだかみたいなことが日に日に増えてきてなんか面白い。いや本当にいつまで続けるのそれみたいなの多くなったよね。

もはや誰のためのディスタンスなのか

地元の献血センターに行く前に、近くのスーパー?百貨店?のトイレに入ったら、3つ並んだ便器の真ん中が使用不可。そしてまさかのトイレまでソーシャルディスタンスの張り紙!!さすがにこれはビビった。

いやいや、ちょっと待ってくれ!このディスタンスは何のためなんだw便器と便器の間隔を空ける必要はあるのだろうか。そもそも、トイレでぺちゃくちゃ話す人なんかいないし、時間にして長くて1分程度、しかも壁に向かっているというのに、いったい何の心配をして距離を確保する必要があるのか自分には全く分からない。

これって、もしかして意味があるかないかは置いといて、とりあえずそれっぽいことをしておいて、クレームが来ないように先手を打ったのかなと推測。真ん中を使用不可にすることで不便になることよりも、真ん中を使えることにして発生するクレームに対する労力を重く見たのかな。

いつの間にか敵はウイルスじゃなくて人間になっているのが悲しい。ウイルスという共通の敵に立ち向かうはずが人間が敵になる。何年か経ったらこんなマンガありそう。

すみません、ヘルニアじゃなかったです。でも手術はします!

まあタイトルそのままなんですけどね。今日、大きい病院に検査に行ってきました。そこでMRIやらレントゲンやら撮ってもらって診察をしてもらった結果、予想外にも椎間板ヘルニアではなかったというオチでした。

じゃあ半年続いたこの脚の地味な痛みはなんだったんだというと脊柱管狭窄(せきちゅうかんきょうさく)という症状だそうで。症状的には椎間板ヘルニアと似ているけど、椎間板の飛び出しが原因ではなかったということです。

椎間板ヘルニアじゃなかったものの、どっちみちこのまま保存療法を続けても回復は望めそうにないということで手術する流れになりました。手術は来月。だいたい一ヶ月後。

まだ今のところは手術することが決まっただけで、その他は何も進展はないけど、何かもう気持ち的には半分くらい治ったかのような感じです。当然長い時間歩いたら普通に痛いんですけどね。

自分がヘルニアの手術をする想定で、今後また同じくヘルニアの手術をするときの参考になるような日記でも書いておくかーとか言ってたくせに第二回で大きな局面を迎えてしまいました。ヘルニアじゃなかったとは。

まあ、せっかくなのでこのまま続けます。最終的な根本解決となる手術は来月ですが、そこまでに続く道のりは書き残していきます。次回の進展があるのは来月上旬。いよいよ手術前検査。いったいどうなってしまうのか!!

ついにプロレスが再開!

新日本プロレスが来週15日からプロレスを再開。まずは無観客から。まぁここまでは想定内だったけど、その再開する内容が3月開催予定だったニュージャパンカップとは驚いた。

もっと驚いたのは、ニュージャパンカップの決勝戦と、その翌日に優勝者と現王者内藤哲也とのタイトルマッチ、これを大阪城ホールで開催。これはさすがに驚いた。まさか客入れでの最初の大会が大阪城ホール。しかも2連戦。

観客動員が多く、大会場での大会が多い新日本がコロナの打撃を一番モロに受けていて、再開のメドも立たないのではと心配していたけど、小会場ではなくいきなり大会場でやってしまうところはさすが。

今回はめちゃくちゃ現地観戦したい。再開すぐのビッグマッチというのもあるけど、大阪城ホールを3分の1の客入りで使うイベントなんて見たことないし、満員で3500人程度の大阪城ホールなんて経験できないでしょ。これは行くしか。

これで新日本プロレスだけでなく、他のプロレス団体、格闘技だけでなく、大型アリーナ会場を使うイベントがやりやすくなればいいなと期待。そういえば3月ごろに散々言われたK-1も結局クラスターなんてなかったのにね。あれは何だったのやら。