豪腕脱力備忘録

140文字で収まらないことを思いつきで綴ってみる場所

ひとり暮らしのくせにカレー作るとか意味がわからない

昨日、思いついたように「カレーが食べたい、よし、じゃあ作ろう」ってなって、カレーを作ってみました。家でカレーを作ったのはひとり暮らし始めてから初じゃないかな。まあ普通は作らんよね。

ひとり暮らしなんだったら、ココイチとかに食べに行ったらいいじゃないって話だけど、ほら、ココイチってトッピングに揚げ物を注文したくなるし、やっぱりお店のカレーだとタンパク質がどうしても少ないから。 

自分でいうのもなんだけど、本当に美味しかった。スーパーで材料買ってる時は、これだったらお店で食べたほうがいいんじゃないかって迷いが生じたけど、やっぱり作ってよかった。

これからも不定期で作ってみよう。凝り性だから多分これからもどこのカレールーを使うか、どんな野菜やお肉を入れるかであれこれ迷ったり探したりしそう。そういう時間も楽しめるからカレーは素晴らしい。

ただし、いつもは食事では白ご飯は200~250gにしているのに、カレーだと余裕で350~400gくらいはいけてしまうので、あまり間隔を詰めたり、大量に作って何日も食べるのは良くないかもしれない。カレーは魔物が潜んでいる。