豪腕脱力備忘録

140文字で収まらないことを気まぐれで綴ってみる場所

本性を現したとでも言うのかい?

Twitterでもちょこっと書いたんですが、疲労やストレスの蓄積で、メンタルヘルス不調によって発言や行動に異変が見られるということは意外とあったりします。

僕の仕事場でも同僚にそういった人がいましたし、僕自身も(今考えるととんでもない)無茶な仕事を任され続けた結果メンタルをやられて、やたら他人に攻撃的になって、打ち合わせの席で喧嘩腰になり激昂する…なんて、今考えるとありえないことをやらかしたてたりもしました。

で、その異変を見て、「おや?いつもと様子が違うぞ。これはおかしい。」と何かのシグナルではないかと受け取って、休養・静養を勧めてくれる人がいたらラッキー。僕の同僚、そして僕も運良く、休養期間を設けてもらい、配置換えがあり生き延びることができましたw

でも厄介なのは、そのいつもと違う行動や発言に対して、それを異変と受け取らずに「とうとう本性を現した」みたいに、その異変が見られる様子をその人の真の姿だみたいなむちゃくちゃな受け取り方をしてしまう人も残念ながら一定数いるわけで。

クソ当たり前のことだけど、人間は生きものだから身体も心も疲労することがある。当然ながら、その疲労が回復されないままで積み重なればいつか不調を起こす。その結果、本人さえも思いもよらぬ行動を起こすことだってあってもおかしくない。

これが分からない、もしくは分かっていても、わざと気づいていないふりをして、メンタルヘルス不調の人に対して、その時の発言や行動を取り上げて「本性を現した」と吊るし上げるのはさすがにむちゃくちゃすぎる。

とにかく今はゆっくり休んで、好きなことをやって気持ちをリラックスさせて、いつもの調子に戻ればいいのになと願うばかりです。

…と言いたいところなんだけど、当の彼女は今は韓国のPRODUCE101というプロジェクトに参加していて、思いっきりアウェイの洗礼を受けてるのよねー。ストレスまみれすぎるのは本当によくないから、いい方向に向かってほしいな。

泣ける体重減

お腹に痛みが出たのが2週間前、そこから病院に行ったら即手術となって、早いものでトレーニングを休止して、かれこれ2週間ほどが経ちましたとさ。

休養期間の食事はジャンクフードはちょっと控えたりしてるけど、特にまあ割と普通なモノを食べて、プロテインも夜だけにして、完全にオフモードな食事にしてたら、この2週間で体重が3キロ減ってました。いや、別に嬉しくないどころか、確実に筋肉が落ちてるから笑えないw

ルクアップ期間でもなかなか体重が増やせずに苦戦してたのに、手術を受けた関係でトレーニング休養期間になって食事を普通にしたらたちまち3キロ減は悲しすぎる。体重減るのあっさり過ぎるw早くトレーニング再開して元に戻さねば!

トレーニング再開ならず

6/9に軽い手術をしてはや10日ほど経過。手術をしたところはまだ痛いけど、そこ以外の痛みはないのでもうそろそろトレーニングというか運動を再開したいのだけれども、いかんせん膿を出すためのチューブがお腹にささってるからそういうわけにもいかず。

しかしこの膿はいつまで出続けるのだってくらいにしぶとい。本当は今日でチューブが抜いてもらえるかなと期待していたけど残念ながら抜かれず。病院の先生はもう少しですねとは言ってくださっているもののしぶといにも程がある。

6/9の3日ほど前から不調のためトレーニングはしていないから、かれこれ2週間ほど全く運動をしていない。なんか自分の身体がどんどん弱ってショボくなっているんじゃないかという恐怖感にも駆られるwそんな急に短期間では落ちないと思うけどね。

来月になればあちこちの市民プールがオープンするから、休みの日は近場のプールに行って、日焼け:水につかる=7:3くらいの割合で過ごしたいからチューブはもちろん、ちゃんと水につかれるくらいの状態には戻したいのに。

とりあえず早く治して、ベンチプレスとかスクワットとか強度の高いのはさすがに難しいとしてもマシン中心で身体を元に戻したい。せっかく3~5月はいい感じでバルクアップできたからいいコンディションで夏を迎えたいの。

そんなにリスペクトが欲しいのか?

選抜総選挙で打ち負かしてやろうと思ったものの、予想以上の強さを見せて1位になってしまったものだから、だったら選抜総選挙の結果以外の部分に対して、後から粗探しして難癖をつけて、少しでも精神的ダメージを与えてやろうっていうのはあまりにも稚拙すぎる。

「敗者に対する配慮やリスペクトがない」っていうのもチラホラ聞かれるけど、じゃあ他の人が1位だった時にも同じことを言うのかい?なんだったら今までの1位の人にも同じことを言ったかい?となる。だいたい負けたヤツのことなんか知るかよって話でしょ。どうせ配慮したら偽善とか言うくせにw

くだらない。ここまでレベルの低い足の引っ張り合いがあるとは思わなかった。本当に残念。

このタイミングの地震は予想できなかった

朝から地震。朝から病院に行くため家にいたので、最初のズシーンって揺れで「あ、これデカいやつかも」って察知したから、割と落ち着いて動けたかもしれない。未だに阪神・淡路大震災を覚えているから、あの時よりは…って気持ちがあったかも。

病院に行った後に仕事に行く予定だったけど、交通機関が全滅だから出社しなくていいってことになったので、買い物やら散らかった(元から散らかってた)部屋の片付けに勤しむ一日。

スーパーやドラッグストアに行ったら、予想通りに水の買い占めがあったようですっからかん。なんなら自分の行ったタイミングはアクエリアスや緑茶のペットボトル6本入りケースを何箱も買う人たちも。いやいや、お茶はどうよ。ってアクエリアスはさらにどうよ。そんな切羽詰まった状況になるのか。

それにしても今回の地震、何が一番ビビったって、その地震があったタイミングは朝イチで病院に行くための準備をしようとして、まさにパンツ一枚の状態だったという。全裸ではなかったのが救い。ついでに言えばすぐに履ける状況だったのも救い。

選抜総選挙の開票結果を受けて

AKB48 53rdシングル選抜総選挙の開票結果が出ましたね。

僕の推しメンの佐々木優佳里さん(ゆかるん)は、25,045票を獲得して、44位でネクストガールズに選出されました。前年は24,276票で43位だったので、1位ダウンしたものの票数は800票ほど伸ばせたというところでしょうか。

この結果に対して、ゆかるんの感想が「目標に届かなかったことに対して涙が止まらない」であるならば、僕は今年の総選挙は敗戦、失敗でいいと思ってます。本人が結果に納得いかないのであれば、それはもう負けたと考えていいと思います。

もちろん僕としては、入れ替わりの激しい勝負で7年目の中堅メンバーが、前年とほぼ同じ位置を確保できたことは決して現状維持でも後退でもなく、十分に称賛に値すると思います。

でも、本人が納得できないのであればやはり勝負としては負けでしょう。これはゆかるん本人だけでなく、ゆかるん推し全体として負けを受け入れないといけないのかなと。「順位なんか関係ない」とか「よく頑張った」は今年に限っては言えないかな。本人が自分は敗者だと思っているならば無理に勝者扱いにするのはちょっとキツい。

なので今年は完敗でいいと思います。そのうえでまた這い上がるのか、それとも別の方向性にシフトチェンジしていくのか。昨年の総選挙開票から、ほぼ一年間、毎日かかさずSHOWROOM配信をやってみたけど、それでも結果が出せなかったら、次はどんな方法をやってみるのか。

舞台のお仕事も定期的に入るようになったので、今までとは少し違う方向に進むのも大いにアリだと思います。そういった状況で、この結果をどう受け止めるのか、この結果に対してこれからどう進むのか。

もちろん、この結果に対してどのような選択肢を選ぼうとも、まだ僕はゆかるんを応援していきます。そらそうよ。

初めて劇場盤イベントを干しました(涙)

6/9、6/10と2日続けて、大阪でのAKB48の劇場盤CDのイベントを干しました。干しましたというか、干さざるを得ない状況になってしまいました。

恥ずかしながら、6/9の大阪写メ会の2~3日前からお腹というかその昔に盲腸の手術をした辺りに違和感と痛みがあり、6/9の朝に病院に行ったら、まさかの即手術が必要と言われて、入院となってしまいました。

まあ行こうと思えばインテックス大阪まで行けなくもなかったかもしれないけど、万が一のことを考えると、この日の僕にはインテックス大阪は遠かったので断念しました。たぶん劇場盤イベントを干したのはこれが初めてじゃないかな。

ちなみに今は手術後の経過観察期間です。お腹に管が入ってます。おかけでジムにも行けず、まともにお風呂やシャワーも浴びれずでプチストレスな感じ。

そんなわけで気分的にTwitterをやる気にもなれず、TLは見ているものの僕自身のツイートはほぼ放置状態です。まあそんな日もあるでしょう。その分って言ったらなんだけど、こっちのブログを今までよりも更新していこうかと。

いやー、それにしても年に数回しかない楽しみの一つであるAKBの大写真会を干してしまうことになるとは。僕が日々トレーニングをしているモチベーションのきっかけでもあるだけに本当に残念です。

この分はおそらく来年春のアルバムの写メ会で関東会場に2回、関西会場1回の計3回の参戦によって取り返すことにします。まずは完全回復したらトレーニングを再開して少しずつ身体を慣らしていきたい。ああ、早く治って…。