豪腕脱力備忘録

140文字で収まらないことを気まぐれで綴ってみる場所

8.9「アイドルの夜明け」磯佳奈江さん生誕祭に参戦しました

8.9大阪・難波のNMB48劇場で、チームMアイドルの夜明け」公演・磯佳奈江さん生誕祭がありました。昨年に続き、今年も運良く当選したので参戦しました。

昨年の生誕祭は磯さんのスピーチがとても引っかかって、正直なんかモヤモヤした気持ちのままで劇場を後にした記憶があります。

たしか、選抜入りできなかったことや、握手会の部数を増やせなかったことを挙げて、結果が出せていないということは何も努力していないのと一緒みたいな切り口で、来年の生誕祭まで進退懸けてやるみたいな内容だったかな。

とはいえ、今年の生誕祭に関しては、新チームMの副キャプテン就任、ここ天リバイバル公演のカトレア組の実質リーダー(組長?)を任されていることから、求められている役割は数段上がり、かつそれに対して十分な活躍をしてくれているので、「進退懸けて」の部分が嫌な形で響くことはなかったです。

その磯さんの今年のスピーチ、どうしても叶えたいことは選抜入り。もしかしたら推し補正の楽観視かもしれないですが、割と選抜ボーダーラインにいるんじゃないかなって思ってます。

でも逆にいえばそのボーダーラインが一番勝負が厳しいからこそ、磯さん本人の努力、そして磯サポの応援が不可欠かなと。年齢が高い分、そこをマイナスではなく、逆手に取ったアプローチが出来るといいんですけどね。

あと印象に残ったのは人の優しさとありがたみを知った一年という言葉。これはきっと副キャプテンであったり、カトレア組の経験があってこそでしょう。地位が人を育てる、なんてビジネス書に載ってそうな言葉がありますが本当にこれではないかなと。今までと違った形で人と接することで分かった何かがあったのかと。

今年の磯さんのスピーチに対しては「決して楽な道ではないだろうけど、粘り強くいきましょう」という気持ちです。頑張ってないとは思わない、頑張りが足りないのではなく、紙一重の勝負だから諦めずに粘り強くいくしかないでしょう。やる本人も大変だし、応援する側も一番神経削られるやつですけどね。

昨年のモヤモヤしたスピーチと比べると、今年は「うん、一緒に戦っていきましょう!」と言える素晴らしい内容だったと思っています。公演に当選したときは「今年のスピーチ大丈夫…よね、うん、大丈夫…なはず」みたいに不安を消そうとしていましたが、結局はすべて取り越し苦労でした。よかった。

すっきりした気持ちになれたので、僕なりに細々とではありますが磯さんの選抜入り、そして更なる活躍をさらに応援していきます。

あ、そうそう。公演の日にチケットを発券して、時間があったから近くのカフェに入って、チケットの写真を撮っていたら、まさかの出来ことが。

f:id:maru0821g:20170811235937j:plain

なんとチケットの裏面に磯さんの直筆サインが入っていました。これはびっくり。招待していただいてありがとうございます(´;ω;`)

 

8.9「アイドルの夜明け」磯佳奈江さん生誕祭に当選!

8.9難波のNMB48劇場での「アイドルの夜明け公演」磯佳奈江さん生誕祭にモバイル枠で当選しました。昨年に続いて、今年も生誕祭に当選です。

当選番号は去年がたしか13番とかでダントツの最前列でしたが、今回は3ケタなので中段くらいからの観覧ですかね。まあ生誕祭なので公演を見られるだけでも感謝です。ちなみにNMB48劇場の公演は今年初です。となると当然ながらドル明け公演も初です。

昨年の生誕祭では、磯さんのスピーチに「進退をかけて結果を出したい」というなかなか漠然としている内容で正直困惑していたのですが、さて今年はどんな内容になるのか。

たぶん昨年の磯さんがいう結果とは選抜だったり握手会の部数だったりなんでしょうけれども、磯さんがやってきたことはたったそれだけではないはずなので、もっと広く細かく自分の実績を振り返ってもらえたらいいなと。

チームMの副キャプテン、カトレア組の実質キャプテンなど重要ポストを任されるくらいの素養があるのだから、十分な成果はあったと僕は思っています。そこら辺りを磯さんがどう話すか。僕はそこに注目です。

余談ですが、磯さんは151cmと小柄なので、181cmの僕は握手会では磯さんから上目遣いで見上げられることがしばしばなのですが、これがなかなかの破壊力があって困っています。なんでも言うことを聞いてしまいそうになります。180cm超えの頑丈な身体に育ててくれた母親に感謝です。

8.29豆腐プロレス in 後楽園ホールに遠征します

8.29東京・後楽園ホールでのAKB48グループによる「豆腐プロレス The REAL 2017 WIP CLIMAX in 後楽園ホール」に当選しました。平日の東京での開催ですが遠征します。8/29じゃないです。8.29です。ハッテンニーキューです。

人気メンバーも多数出演(参戦)するし、何よりもキャパのそれほど大きくない後楽園ホールなので厳しいかなと思っていましたが運良く当選できました。まあチケット代金がいわゆるプロレス会場、プロレス興行のような金額設定になっていたから、申込みを諦めた人も結構いたからかな。

当選したチケットの席種は特別リングサイド席。いや、だってたぶん次はないイベントでしょ。しかも後楽園ホールでやるんだから、遠征するんだったら中途半端な席は選べないですよ。ちなみに普通にプロレスを会場で見る時はスタンド席派ですけどね。

ドラマの豆腐プロレスだけでも十分に満足だったのですが、実写版というか実際に試合として組み立ててどんなパフォーマンスが見られるのかとにかく楽しみです。個人的に一番注目しているのはプロフェッサー田北こと田北香世子ちゃん。いい仕事してくれそうな予感。

RIZINの地上波放送がクソだった件

RIZINがどうしようもなくクソだなと思う一番の理由は、RIZINのリングを目指す各プロモーションのトップクラスの選手がどんなに技術的に密度の濃い試合をしても、結局テレビの放送は短時間の決着で技術的にわかりやすい試合ばかりが放送されているという信じられないレベルの乖離があるから。

そりゃあ地上波放送があるから、寝技のパスガードだったりポジション取りとか分かる人じゃないと「これ何やってんの?つまんないからチャンネル変えよう」になるっていう背景があるんだろうけども、それなら分かりやすい試合になるような選手ばかりを集めてマッチメイクすればいいだけのこと。

軽量級トーナメントを開催して、そのうちの前半ブロック1回戦の試合があったのに、地上波放送ではダイジェストどころか、そんな試合があったことさえ触れられなかったのだから驚きでしかない。多くの団体の選手が目指す国内のビッグプロモーションがこんなんでいいのかな。

お祭り要素のある試合を組むこと自体は一般層の感心を惹きつけるという目的もあるだろうからいいとしても、各プロモーションのトップファイターが集まる試合をないがしろにするのはどうなんだろう。頼むからDREAMみたいにならないでほしいな。

野村奈央ちゃんの卒業発表に対して

昨日のチームK公演でAKB48チームKドラフト研究生の野村奈央ちゃんが卒業発表しましたね。うーん、なんなんだろうこのモヤモヤ感。

4月の高橋希良ちゃん、中田ちさとさん、鈴木まりやさんの卒業でちょっとキツいかなーと思いつつも、ここで寂しさに負けてやめたら普通すぎるでしょーと卒業なんてあるわけないくらいに思っていたら、まさかの卒業発表。

そして、今回もやっぱりしっくり来ないところがいっぱいです。まず正規メンバーに昇格していないのに早くも卒業って何をやり遂げたの?何か満足できるところまでやれたの?という。正規メンバーはゴールではなくスタートと例えることからすると、スタートせずに卒業っていうのはちょっと違和感。

6月の選抜総選挙でも、「未来を変えたいんです。私は今回の総選挙にすべてを懸けているんです」と研究生らしさのない最後を匂わせて、結果としてランクインできなかった後に「未来は変えることができませんでした」と何かを悟ったかのような様子。

もしかしたらAKBの研究生として、一発逆転のラストチャンスとして総選挙を選び、結果的にランクインできなかったことで、もうやり残したことはない、これ以上研究生としてAKBにいる、アイドルを続けることに意義を見いだせなくなったのかなという印象です。

4月の高橋希良ちゃんの卒業発表の時にも思ったことなんですけど、今回の野村奈央ちゃんも周りのスタッフさんや、先輩メンバーさんにたくさん相談して、じっくり考えたうえで出した結論なのかなーと。正規メンバーにもなっていない若手がこんな辞め方したらダメでしょ。みんなが不幸になるやつでしょ。

AKBの卒業後も芸能活動は続けて、女優を目指すらしく、もちろんその夢の実現に向けては応援するけれども、正直やっぱり今の立ち位置でもう少し頑張って、何かしらの成果を出してほしかったというのが本音です。本当に残念。

夏限定・市民プールでの屋外トレ

7月になったので、ここ数年ほど恒例にしている近場の市民プールに行って、日光浴しつつ、50mプールをひたすら歩き続けるという普段のトレーニングとはまた違ったゆるい運動を取り入れています。

夏場は外の運動って熱中症とかの恐れもあるからあんまりよくないですが、プールで身体を冷やしつつ、ゆっくりと大きく全身で水の抵抗を受けて歩くので、身体をほぐす運動として最適と自分では思ってます。

で、今年もさっそくこの土日で近場の市民プールに行ってきたのですが、そのプールで遊ぶJC、JKが「いやいや、このプールでそんな水着を着て来なくてもいいでしょうよw」って感じでなかなか困りました。僕が中学の時はそんな子絶対いなかったw

できればそこそこ空いてて、プールを端から端までまっすぐ歩けるようなところがいいのですが、そうもいかないのが市民プール。それにしても、最初の土日で決してトラブルでもなくアクシデントでもないものの「いやいや、ちょっとw」みたいなことがあると、この夏はいったいどうなってしまうのか。

活動量計を買ってみた

何日か前に活動量計を買いました。まあ最初はそんなに高いの買わなくても、そこそこシンプルな機能のやつでいいだろうってことでお手頃価格のものを選びました。

が、なかなか困った不良品だったのでやむなく返品しました。交換してもらっても期待できそうにないので返品。

で、もういいやって軽くヤケになって、活動量計では有名なメーカーのモノを買いました。最初からこうしときゃよかったよ状態。 

ベタですが割と定番のFitbitの敢えてスリムではなく幅広で大きめのやつにしました。ちなみに色はブルーというかネイビー。 

早速つけて今日一日行動してみたのですが、これ本当に有能。計測機能であったりとかももちろん優れているのですが、何よりもこれをつけていたら、身体を動かしたくなります。普段からそれなりにトレーニングしてる僕でも。これが素晴らしい。

まだ1日しかまともに使ってないので、もうちょっと使い倒してからレビュー的なことをしてみます。まあまあいい値段したけど、これ今年のベスト買い物候補筆頭かもしれないです。