豪腕脱力備忘録

140文字で収まらないことを思いつきで綴ってみる場所

数年前に受けたかったセミナー

先週の土曜日、ゴールドジム十三店で開催された加藤直之アドバンストレーナーセミナーに参加してきました。

アドバンストレーナーは現時点ではゴールドジム全店で8人しかいないある意味レジェンドなトレーナーさんです。僕が知ってるのはそのうち6人。たしかに皆さんレジェンドです。

セミナーで特に印象に残ったのは、トレーニングを続ける上で一番大切にしてほしいことは安全であることです。重量とか負荷とかは安全を最優先した上で設定してください…ということでした。

いや、これ本当にそうですよ。恥ずかしながら自分は一昨年に無理な高重量のハイバースクワットで腰を痛めたので突き刺さりました。なんであの時に5レップ出来るかできないかの重さなんかでやろうとしたのかw

聞けば加藤トレーナーも高重量のベンチプレスで肩を痛めてラックアップの動作がスムーズにできないため、今は胸はダンベル種目に変更していると。あと、どちらかの肘も不調で伸ばしきれないとか。

自虐的に「ボディビルは身体というか関節には良くないですね」と仰っていました。日本ボディビルのトップ選手が言うと説得力が半端ないw

自分の場合は腰に違和感を覚えたのが一昨年。脊柱管狭窄症と診断されて手術したのが昨年。未だに20分以上歩くと脚やお尻に痛みが出てくるという困った状況。

このお話をあと3~4年前に聞けたらよかったのになんて思ったセミナーでした。無理な高重量のハイバースクワット、ダメ!絶対!(涙)