豪腕脱力備忘録

140文字で収まらないことを思いつきで綴ってみる場所

作者買いってあんまりしないけど唯一の例外かな

 伊坂幸太郎の本はだいたい好き。これも良かった。

AX アックス (角川文庫)

AX アックス (角川文庫)

 

 小説だし、あんまりストーリーの部分を書くわけにもいかないからざっくりと。

殺し屋の話で、素手での格闘場面の描写にリアリティがあって格闘技やってた人間の僕的には好きなところの一つ。

ちょうど本の半分くらいのところでそれまでの主人公が命を落とすのは予想外でびっくりした。けど、その後は息子が主人公になるのは伊坂幸太郎作品っぽいなーって。ということは最後のほうで別の話のように見せておいて繋がってきて…ほらキターみたいな。

殺し屋シリーズはどうやらすでに2作あるらしいのでそれも読んでみようっと。