豪腕脱力備忘録

140文字で収まらないことを思いつきで綴ってみる場所

ヲタクだってホイホイ釣られてやってるわけじゃない

AKBグループではここ最近頻繁に何かしらのメディアとコラボしたイベントが行われている。これが決まって、なにかのゲームやSNSやらの獲得ポイント上位○名のメンバーが出演みたいな。

そうすると決まって、「こうやってヲタクが協力して(時に課金して)取った仕事に意味なんてあるのか?チャンスは自分の力で取るものだ」なんて主張が出てくる。

まあ言いたいことはよく分かる。でも考えてみよう。その自力でチャンスを掴み取ることがいつくらいまでなら可能で、いつくらいから自力だけでは難しくなるかなんて、だいたいみんな察しがつくもの。

だから、自力で掴み取ることが難しくなっているならば、たとえ他力でもチャンスを掴んで、成果として形に残してもらいたい。そう思うのは特段おかしいことではない。もう今さら自力だの他力だの言ってる状況じゃない。それだけのこと。

もちろん推し自身、その状況を歯がゆいとは思っているだろう。でも、何もアクションを起こさなければ何も変わらない。ホイホイやってるわけじゃないのよ。