読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豪腕脱力備忘録

140文字で収まらないことを気まぐれで綴ってみる場所

選抜総選挙の開催が発表されて思ったこと

また今年もAKB48選抜総選挙が開催されますね。うん、いや、いいんですよ。総選挙が開催されることも。自分の推しメン、お気に入りのメンバーが出馬することも。ランクインだったり、選抜入りだったり、目標を持って行動することって大事ですからね。

でもね、その一方でなんですよ。念願のランクインができたメンバーが割とあっさりと卒業してしまうことが多くなったなと。ここ最近でも昨年に念願のランクインを果たした岡田彩花ちゃんが「私はAKBでは結果を何も残せていないから、自分の力で結果を残すために卒業します」なんてのがありました。

いや、もちろん目標なんて達成してしまえば単なる通過点という考え方もわからなくもないんですけどね。でもランクインするまでの熱量とランクインしてからの熱量にあまりにも大きな差を感じてしまっているのは事実です。

ランクインするにはファンの協力も相当なレベルで必要。でも、ランクインできたとしてもそれで満足できるご褒美が得られるかといえばそれは分からない。もしかしたらランクインしてもそんなに大きな変化はなかったなんてことだってあるかもしれない。

そういういわゆる消耗戦なので、僕は自分の応援するメンバーには出たけりゃ出ればいい、出たくないなら出なくても構わない。そういうスタンスです。出なくても、ランクインしなくても、もしかしたら自分のやりたいことを実現できる方法はあるかもしれない。それが見つかったらそれはそれでオッケー。

もちろん、出たい、ランクインしたいというのなら、僕は僕に出来る範囲の応援をします。それが日頃から元気をくれているアイドルさんへのお礼だと考えとります。僕の推しメン佐々木優佳里さんは今年も出るでしょう。僕に出来るだけのことをやります。