読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豪腕脱力備忘録

140文字で収まらないことを気まぐれで綴ってみる場所

SNSのアクション閾値は低いほうがいいに決まってる

たわ言

僕は自慢じゃないけどTwitterというかSNSに関してはかなり沸点が低い。割とあっさりとリムーブするし、リツイート非表示にもするし、めんどくさい奴にはミュートもする。本当に閾値が低い。

まあツイートする自由は認めてあげるから、「そんなツイートするな」とか「そんなにリツイートばかりするな」とかは言わない。その代わり自分のTLをつまらないツイートで埋めてほしくないから、遠慮なく調整させてもらうよという感じ。

自慢にもならないけど、投稿元の非表示やハッシュタグの非表示ワードなんて20~30くらいは非表示パターンを追加してるんじゃないかか。だって自動投稿なんかどうでもいいし、ハッシュタグつけた定期投稿なんかもっとどうでもいいもん。自動投稿よりタチの悪い手動投稿ってなんじゃいそれw

と、まあこういう意見をいうとよく言われがちなのが、そうやってすぐにリムーブやリツイート非表示とかミュートとかやってると実社会で生きていけなくなる…みたいな一見もっともに見える主張。マジメというかピントのずれたマジメな主張ですかね。

いや、別にネット上の、しかもどこの誰だかしらないような分からないような人までいるSNSの世界で協調性だの忍耐だのを訴える意味がどこにあるの?お仕事だったら、それこそ給料をもらう以上、めんどくさい人にもそれなりに相手はするけど、プライベートのネットでもそこまでやってられませんよと。

むしろ、ネットでSNSでの人付き合いまでそこまでキチキチでやってたらおかしくなるよ。悪意を持って他人を傷つけようとする人間だってアホほどいるのにねぇ。

そういうわけで自分のTLは聖域として守っていきます。リツイート非表示、キーワード非表示、ミュートはガンガンやります。手加減しません。悪く思わんでください。