豪腕脱力備忘録

140文字で収まらないことを気まぐれで綴ってみる場所

AKB紅白のライブビューイングに行ってきた

先週の話になりますが、AKB48グループ紅白歌合戦のライブビューイングを梅田ブルク7で観てきました。ライブビューイングは1月のリクアワ以来かな。

梅田近辺はここと、ステーションシティシネマの2箇所で、こっちは梅田からちょっと離れたところにある映画館ということもあり、まあだいたい7割くらいの客の入りという印象でした。ライブビューイングで7割って上出来だと思いますが。

僕は今まで現地はもちろん、ライブビューイングでも、このAKB紅白は観たことがなかったのですが、印象としては基本的にはAKBグループの曲をかくし芸と合わせて歌うといったところでしょうかね。聴いたことがある曲を意外なメンバーがパフォーマンスしながら歌っていたので見ていて楽しかったです。

僕のお気に入り、佐々木優佳里さん(ゆかるん)は割とグラマーなメンバーが集まったユニットで「未来の果実」を歌っていました。割とグラマーなとかオブラートに包んでいますが、なぜか不思議なことに僕の好きなメンバーばかりが勢揃いしてなんとも素敵な偶然に心ときめきましたwすぐ共通点が分かったけど。

そういえばAKBグループではない曲を歌った山本彩さん。バンド演奏で相川七瀬さんの「夢見る少女じゃいられない」を歌っていました。選曲がもうアラフォー世代を完全に仕留めにかかってるじゃないですか。そりゃ生演奏で声も似ている相川七瀬さんでしかも代表曲と来たら盛り上がらないワケがない。まあ若干ながら飛び道具すぎて違和感もありましたけどねw

あとはまゆゆさんが井上芳雄さんと歌った曲。でもこれは井上芳雄さんの声がめちゃめちゃ通っていて、とにかくめちゃめちゃ上手かったのでそっちに驚きました。あとで調べたら、ミュージカル界では超がつくほど有名な方だったそうな。そりゃあれだけの声が出せるわけだ。

で、エンディングで紅白の投票の途中経過発表。ここでおや?と思ったことが。名前を呼ばれたのにあんまりうれしくなさそうなメンバーが。村山彩希ちゃん(ゆいりー)は喜ぶどころかちょっと困った表情。なぜだろう?

と、このゆいりーについては別トピックでまた書かせてもらいます。この子も明るくて可愛くて元気な子ですが、実はいい意味でなかなか闇が深いです。