読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豪腕脱力備忘録

140文字で収まらないことを気まぐれで綴ってみる場所

「知り合いかも?」って言われても

Twitterをやっていると、Facebookの投稿の連携でツイートされたものがTLに出てくることがあって、そのリンク先を開いてみようとすると、Facebookのページだから見れない(見ようとしてもログインしろ、アカウント登録しろのポップアップが出て来る)なんてことがしばしば。

ずいぶん昔にFacebookアカウントは作ったことがあったけど、使わなかったから削除したので、じゃあ仕方ないからとアカウントを再作成しました。どうでもいいけど、Facebookに限らず、アカウントを作った直後の初期状態で、通知関連を何でもかんでもオンにしてるの本当鬱陶しいですね。アホほどチェック外したよ、まったく。

で、そのアカウントに何日かしてログインしてみたら、「知り合いかも?」とかいう項目があって、そこを見たら、最初は誰?って人だったけど、その後には地元の知り合い、昔の仕事の現場(客先)の人が続々と。たしかに知り合いっちゃ知り合い…。

いやいや、なんでこの人たちが知り合いって分かるの?もう今は接点もないし、Facebookで見つけたことで交流が再開されるなんてない人たちだし。誰かが検索したか、出身地や年代から推定されたのかな。嬉しいという気持ちよりも不思議というかむしろ不気味な気持ち。

あくまでもFacebookサイトでしか見られない情報を見るために登録したアカウントなので、そっちをバシバシ更新する気は最初からあまりなかったけど、このちょっと不気味な「知り合いかも?」機能によって、さらに更新する気がなくなりましたとさ。

そりゃまあ過去は過去みたいな割り切りしてるから友人とか少ないのかもしれないけどね。でも今さら昔の知人を遡っても得られるものってほとんどないんじゃないかな。