読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豪腕脱力備忘録

140文字で収まらないことを気まぐれで綴ってみる場所

村上海賊の娘(一)

 今日の朝に第一巻を読み終えました。

村上海賊の娘(一) (新潮文庫)

村上海賊の娘(一) (新潮文庫)

 

 この本は何年か前に文庫版じゃない通常版(っていうの?)の上下巻のうち上巻を読んでいたけど、どこかカフェで置き忘れてしまい、書い直すこともなくそのままになっていた本でした。今こうして文庫版の全四巻の一巻を読み終えると、かつての自分は上巻の半分も読み終わらないうちに無くしていたことに気づきました。

あまり読まない歴史小説モノだけど面白いです。この本の著者さんもこれから著者買いしてしまいそうです。全四巻ってこれからどう展開するのよっていう疑問。

そういえば、NMB48の元メンバーだった村上文香さん(現・NHK滋賀放送局のキャスターさん)のご先祖は村上海賊のなんとかって聞いたことがあるような気がします。ちなみに村上さんがNMBでアイドルやってた時はよく握手会に行ってました。卒業公演にも当選してラストステージを見送ったクチです。

話は横道にそれたけど、たぶんこの本は全四巻最後まで投げ出さずに読めそうな気がします。カラマーゾフの兄弟は全三巻の上巻で登場人物がワケわからなくなって挫折しました。あれは厳しい…。