豪腕脱力備忘録

140文字で収まらないことを気まぐれで綴ってみる場所

ネットワーク技術&設計入門を読んでみた

久しぶりにちゃんと本気出して読んだIT系の本。前回のインフラエンジニアの教科書よりも本気を出してみた。

インフラ/ネットワークエンジニアのためのネットワーク技術&設計入門

インフラ/ネットワークエンジニアのためのネットワーク技術&設計入門

 

今から8年ほど前に情報処理のテクニカルエンジニア(ネットワーク)、4年前に情報セキュリティスペシャリストに合格してはいるものの、いわゆるITインフラ設計や構築の仕事なんてやってはいないけど、ちょっとだけ先の仕事のために購入。2年くらい前から本屋さんで見かけて、いつかは読んでみたいなんて思ってようやく。

いちおうテクネ持ちなので、そこそこのネットワークの知識はあったけど、セキュリティ設計、負荷分散設計、高可用性設計のあたりはすごく勉強になった。自分がネットワークを勉強していた頃には仮想化なんていう技術がなかったから、正直まだぼんやりとした状態だから、仮想化技術の本を続けて読んでみよう。

一時期は法律系の本ばっかりだったのに、久しぶりにIT系の本も面白いと思えるようになってきた。これはこれでええやん。