読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豪腕脱力備忘録

140文字で収まらないことを気まぐれで綴ってみる場所

結果オーライな話

火曜日→とある場所で二台持ちしてる携帯のうちiPhoneをなくす。5分ほどして気づいたけど置いてたつもりだった場所にない。どこか違うところにやった?でも思い出せない。仕方ないから近くの交番で遺失物の手続きをする。

水曜日→そのなくしたと思しき場所の方からiPhoneが見つかったとの連絡。

木曜日→無事にiPhoneを受け取る。交番へ見つかりましたの連絡。

ダイジェストで見ると、まあよくある話だけど、ちょっとしたミステリーが。

火曜日に交番に行ったあと家に帰って、iPhoneを探すで在り処を検索するとオフラインと出た。なくしたであろう場所は圏外ではなさそうな気が。

そして今日、iPhoneを受け取るついでに、見つかったと連絡をくれたスタッフさんとお話しをすると、届いたのは昨日(水曜日)、届けてくれた方が見つけたのは自分がなくしたと記憶していて何度も探した場所のすぐ近く、そして届けられた時点では電源は入っていたそうな。

うーん、そうすると火曜日に僕が置き忘れてから、スタッフさんへ届けられるまでの1日はどこにあって、いつオフライン状態になってしまったのだろうか。無事に手元に帰ってきたからまあ結果オーライだけどなんとも釈然としない出来事。

そういえば遺失物の手続きをした交番の相談員さんによると、今のスマホは無くしても結構な確率で戻ってくるそうな。場所を検索で特定できるし、本体のロックは当たり前だから拾っても転用や転売ができないからそういう目当ての人は拾わないらしい。

人生で初めて携帯電話を落として、見つかったもののちょっとモヤモヤする出来事がありましたとさというお話し。今度もし自分が拾った側になったら、すぐに届けてあげるようにしようと心に決める。